2007年05月11日

カナダで人気爆発!「ザ50回転ズ」

2007年5月11日(金)06:13

 大阪のロックバンド「ザ50回転ズ」がカナダ・トロントのラジオチャートで首位を獲得、米国、豪州、ドイツのレコード会社からオファーを受けるなど海外で人気だ。

 1位になったのはトロントのFM局「CIUT」のリクエストチャート。3月に渡米した際のPR音源を同局関係者が入手、番組で紹介したところ大反響になった。番組ディレクターは「スピード感と荒々しいサウンドが素晴らしい。北米で成功する土壌は絶対にある」と太鼓判。

 昨年にツアーを敢行した米国と豪州、ドイツからも契約オファーが来ており、独ワーナーミュージックのジェシカ・ダールマン制作部長は「日本語で歌い、ビートルズラモーンズの混ざった格好は新鮮」と絶賛している。

 国内では、9日に初のシングル「MONEY!MONEY!」、来月6日にアルバム「50回転ズのビリビリ!!」を発売する。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070511006010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

武田真治が一夜限定異色セッション

2007年5月11日(金)06:13

 俳優、ミュージシャンとして活動する武田真治(34)が異色の顔ぶれとライブを行うことになった。主演映画「LOVEDEATH―ラブデス―」(12日公開)の公開を記念し、共演したシンガー・ソングライターのKAN(44)、ロックバンド「SHAZNA」のIZAM(35)らと一夜限定のセッションを披露する。

 ライブは19日に東京・渋谷のSHIBUYA―AXで開催。武田が所属するバンド「BLACk JAXX」や、KANSHAZNAのほか、歌手の川村カオリ(36)ら映画の出演者がスクリーンから飛び出し、ステージに集結する。

 映画は、出会った瞬間に恋に落ちた男女が、ヤクザたちに追われながら、運命の日を乗り切るために奔走する物語。音楽を披露する場面はないが、サックス奏者としても活躍する武田ら、多数のミュージシャンが出演していることから、配給会社の「デスペラード」がライブを企画した。

 公演は午後6時半にスタートし、約3時間を予定。7組が登場し、自身の楽曲を数曲ずつ披露。その後、それぞれが得意のパートを担当してセッションする予定だ。

 また、北村龍平監督(37)が駆けつけ、撮影の裏話などを明かすトークショーを行う意向。映画ファンも音楽ファンも楽しめる内容になりそうだ。武田は「共演者とステージに立てるとは思っていなかったので、とても楽しみです」と心待ちにしている。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070511006008.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

マイラバすでに別居中…akkoと小林武史、離婚に向け話し合い

2007年5月11日(金)04:59

 離婚に向けた話し合いを進めていることが分かったMy Little Lover(マイラバ)のボーカル、akko(34)と音楽プロデューサーで同ユニットのメンバーでもある夫の小林武史(47)が、すでに別居中であることが10日、分かった。

 小林が今年1月に写真週刊誌「フライデー」に歌手、一青窈(30)との“不倫愛”を報じられ、それが原因でakkoが2人の子供を連れて自宅を飛び出し、現在は別居状態という。一人でマイラバの活動を再開させたakkoは全国ツアー中で、この日の広島クラブクアトロ公演では「涙にはいろんな涙があって、うれしい涙、悲しい涙、せつない涙…」など意味シン発言もあった。


 2人の所属事務所では「現在、離婚届も提出していませんし、離婚する話は聞いていません」と話している。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070511003.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

松山千春、史上5組目の大台到達!2000公演目のコンサート

2007年5月11日(金)04:57

 歌手の松山千春(51)が10日、横浜市の神奈川県立県民会館で節目となる2000公演目のコンサートを行った。さだまさし谷村新司アルフィー南こうせつ(かぐや姫時代を含む)に続く史上5組目の大台到達。特に長年通い続けた熟年ファンにとっては貴重な記念公演となるだけに、関係者によれば、ネットでは20〜30万円の値がつく超プレミアチケットとなった。

 会場は立ち見も出る盛況で観客は2000人を超え熱気に包まれたが、千春にとっては「単なる通過点」。「かざぐるま」「my 自転車」などデビュー当時からの曲を盛り込んだ通常と変わらぬ構成で、約20曲を熱唱し「フォークシンガーでいる限り、ずっとステージに立ってると思う」と約束した。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070511005.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年05月10日

R・ストーンズ、競馬場でのコンサートは中止に

2007年5月10日(木)18:20

 [ベオグラード 9日 ロイター] 英人気ロック・グループ、ローリング・ストーンズが、予定していたセルビア競馬場でのコンサートを取りやめ、別の会場で行うことを発表した。

 ローリング・スト−ンズは当初、セルビア初のコンサートをヒッポドローム競馬場で行う計画を立てていたが、公演中に興奮した競馬場の馬に鎮静剤を投与することを検討していると報じられて以来、動物愛護団体から抗議を受けていた。

 ローリング・ストーンズは過去2度、同国でのライブが中止となっている。2003年はジンジッチ首相の暗殺、昨年はギターのキース・リチャーズが休暇中に頭部を負傷して、流れていた。

 コンサートは7月14日に行われる。


http://news.goo.ne.jp/article/reuters/entertainment/music/JAPAN-259116.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

大阪のホテルで前川熱唱!約束果たした

2007年5月10日(木)10:16

 06年9月にイベント会社に推定約1600万円のチケット代金を持ち逃げされ、ディナーショーが中止になっていた歌手前川清(58)が9日、大阪市内のホテルで代替公演を行った。

 チケットを購入していたファンの中から、都合のついた423人を無料招待したもので、コンサート前に会見した前川は「僕も最初はびっくりしましたが、本当の被害者はお客様。お金のことを言ってもきりがなく、自分は(ショーを行うという)約束を果たさないと今後の生き方に示しがつかないと思った」。友人の歌手からも、同じ業者から同様の被害に遭ったと聞かされていたことも明かした。

 前川はステージでも、ショーが中止になったことを改めてファンに謝罪。新曲「せめて今夜だけは」など15曲を熱唱し、ファンの中には感激のあまり涙を浮かべる人もいた。

 なお、当時前川が所属していたワクイ音楽事務所は「依頼先業者の誰が持ち逃げしたかは特定できているが、所在が分からず、返済能力があるかも疑問」として訴訟は起こしていないという。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan_osaka/entertainment/music/p-ot-tp5-070510-0006.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

桂雀三郎が千日前で26、27日ライブ

2007年5月10日(木)10:16

 コミックソング歌手としても活動している落語家の桂雀三郎(58)が5月26、27日に大阪・千日前のライブハウス「アナザードリーム」で「桂雀三郎withまんぷくブラザーズライブ」を行うことになり、大阪市内で会見した。

 ライブ活動を始めて11年目となる今年はヒット曲「ヨーデル食べ放題」を始め、カーナビの指示に逆らって運転する男を歌った「反逆者の歌」、介護福祉関係者から依頼を受けて作った「大層がらずに体操しましょ」、ギャグソング「般若心経の歌」などを披露予定。ライブに向け、高座数を減らして練習に励んでいるという雀三郎は「落語とは手段は違うけど、お客さんに喜んでもらうことに関しては一緒。笑って楽しめるライブにしたい」と抱負を語った。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan_osaka/entertainment/music/p-ot-tp5-070510-0007.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

氷川きよしデビュー8年目で888回目公演

2007年5月10日(木)09:48

 演歌歌手氷川きよし(29)が9日、広島厚生年金会館で00年のデビュー以来、8年目で通算888回目となる公演を行った。初公演は01年7月の東京・中野サンプラザ。以来、毎年100回を超えるコンサートを積み重ね、ハッピーな金字塔を打ち立てた。

 この日は、「きよしのソーラン節」「あばよ」のシングル2作品を同時発売したメモリアルデー。「ソーラン節は人生の応援歌で真っ赤に燃える火のイメージ。5年前から歌いたかったのでやっと夢がかなった」。一転して「あばよ」は静かな曲調で「ブルーを基調にして、結ばれない切ない恋心を描いています」。

 公演では高さ130センチの赤と青の2本のしゃもじが登場。地元・宮島の厳島神社で幸運の印とされるラッキーアイテムに「しゃもじには『救う』の意味もあって縁起がいいんです」と、はち切れんばかりの笑顔をみせた。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/music/p-et-tp0-070510-0009.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

さまぁ〜ずライブ1年10カ月ぶり開催

2007年5月10日(木)09:48

 最もチケットが取りにくいお笑いライブとして知られる「さまぁ〜ずライブ」が、6月に1年10カ月ぶりに開かれることになった。結成から20年、舞台から離れずにキャリアを積んできた2人は「コントが本職だし、今のさまぁ〜ずを見てもらう大好きな場所」と、オール新ネタの構想を練っている。「帰る時にステキな気持ちに」と、さまぁ〜ずらしい世界観を約束している。

 1年に1回のペースで行うさまぁ〜ずライブのチケットは、発売開始5分で売り切れるプラチナチケットでもある。「何回もやると飽きちゃう」という彼らが初めて3日間4ステージという“長丁場”に挑み「1人でも多くのお客さんを笑わせたい」と意気込む。

 過去には、夏らしさの過剰演出で暴走する温泉旅館の従業員、MサイズのTシャツだけ異常なデザインをする女デザイナー…。紳士的だがあらぬ方向にぶっ飛んでいる大竹テイストの珍キャラがボケまくり、三村が突っ込みながら巻き込まれていく。脈絡なく見える4〜5本のコントには小さな接点が設けられ、最後に鮮やかにつながる。大いに笑わせ、ホロリともさせる、短編連作集のような後味がさまぁ〜ずの世界観だ。

 三村マサカズ(39)は「寅さんじゃないけど、笑いあり、涙ありのハッピーエンドが好き。『見て良かった』って、お客さんにステキな気持ちで帰ってほしいじゃない」。主に台本を書く大竹一樹(39)は「個々のコントが切ない何かでつながっているというのはずっとやってきたスタイル。ホロリの後のひと笑いがバチッとキマると気持ちいいんですよね。笑いって、悲しそうな所にしかないでしょ。幸せな夫婦の幸せな話聞いても笑えないけど、その夫婦が靴下1つでモメていたら笑えますもん」。

 「とにかくネタが好き」と語り、ライブへの思いは格別だ。今でこそレギュラー番組9本を抱える売れっ子だが、すべてのレギュラーが一瞬にして消えた90年代後半の不遇時代を支えたのもライブだった。大竹は「きつい時もライブのチケットはすぐ売れた。僕たちのネタを見たいと思ってくれる人がいっぱいいるという自信だけが支えになった」。20年間、ライブでは常に新ネタをかけ、使い回しはしない。2人は「『出た!、往年の!』じゃイヤなの。今のさまぁ〜ずが面白いと思うものはコレです、という発表会だから、オール新ネタじゃないと意味がない」と話す。

 現在は、ネタ作りの“ネタ脳”に切り替えるため、あえて何もしない時期という。三村がネタの外枠を考え、大竹が台本を練るのが長年のパターンだ。大竹は「ゼロから1を生み出すこいつ(三村)の作業が一番大変なわけで、全体的な負担は半々も同然」。直球で信頼を語ってはお互いをじろじろと見るコンビネーションだけで、場に笑いが生まれる。

 ライブでは、4〜5本のコントを披露する予定。「1番僕らが生きてる場所だと思うのでぇ〜、ぜひぃ〜、1度ナマでぇ〜」。もみ手で心待ちにしている。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/music/p-et-tp0-070510-0011.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年05月09日

ミスチルドラマー 指負傷で公演中止

2007年5月9日(水)06:13

 Mr.Childrenのドラマー、鈴木英哉(37)が指を負傷し、12、13の両日に予定されていた札幌公演が中止になったことが8日、分かった。公式ホームページ上で明らかにしたもので、鈴木は5日の福岡公演終了後に食事をした際、店内の換気扇に左手を接触させ、左手人さし指を4針縫うケガをしたという。

 本人、メンバー、スタッフが協議し、ケガの治療を優先させることになった。「本人も自分の不注意から起こしてしまったことを深く反省しており、1日も早い復帰に向けて、怪我(ケガ)の回復に努めております」としている。振り替え公演については調整中。13日以降の公演についてはケガの具合をみて決めたいとしている。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070509006012.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ホーガン長女 CDプロモで初来日

2007年5月9日(水)06:13

 米人気プロレスラー、ハルク・ホーガン(53)の長女で歌手のブルック・ホーガン(19)が8日、成田空港着のアメリカン航空便で初来日した。

 日本デビュー盤「アンディスカバード」のプロモーションのためで、マネジャーを務める父も同伴。ハルクは「ブルックの音楽は“イチバーン”だ。おれの(必殺技の)アックス・ボンバーよりもインパクトがあるぜ」とPR。ブルックはファンの握手にも気さくに応じ「日本はとっても空気が良い。しかもこんなに歓迎してくれて、興奮しているわ」と話した。

 9日に都内で行う来日会見には、親交の深いアントニオ猪木(64)が激励に駆けつける。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070509006004.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

長渕剛 朝青龍の“笑顔のとりこ”

2007年5月9日(水)06:13

 歌手の長渕剛(50)が8日、都内で新アルバム「Come on Stand up!」の発表会を行った。長年のファンだった横綱朝青龍(26)が激励に駆けつけ「日本に来て言葉が通じない頃、長渕さんの歌がぼくの父親であり友達だった」と笑顔。長渕は「この屈託のない笑みがかわいくて仕方ない」と話し、意気投合。また、K―1選手の小比類巻貴之(29)からは「今度セコンドをお願いします」と懇願されるシーンも。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070509006009.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

マッチの魅力満載!27年目初DVD

2007年5月9日(水)06:13

 歌手の近藤真彦(42)が9日、デビュー27年目で初のDVD「近藤真彦’07 Valentine’s Day in 武道館」を発売する。96年以来11年ぶりの映像ソフトで、日本武道館を舞台としたものは84年以来23年ぶり。今年2月14日を中心とする武道館3公演が、2枚組161分(7800円)に収められている。

 高さ15メートルのフライングや短パン姿での熱唱などパワフルなライブはもちろん、リハーサルの模様も収録。「素のままの自分、素足の自分を楽しんでもらいたい(笑い)」と、不惑を迎えてもギンギラギンのマッチの魅力が満載。初回生産分には、先着で店頭にてオリジナルポスターのプレゼントも。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070509006011.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

「ロック&フラメンコ」融合バンド!

2007年5月9日(水)06:13

 7人組バンド「ロッカメンコ」が全国ツアーの東京公演を8日夜、港区のライブハウスで行った。「ロック」と「フラメンコ」が融合した音楽が特徴で、陽気なラテン音楽と激しいエレキギターの音色が交錯。メジャーデビュー曲「Morena」など11曲を披露し、ボーカルのKSK Arita(38)は「今までなかったグループやサウンドを目指して、汗まみれで突っ走ってきた」と笑顔。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070509006010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年05月08日

ミヒマルGTベスト盤初登場で首位

2007年5月8日(火)06:13

 mihimaru GTのベストアルバム「THE BEST of mihimaru GT」が5月14日付オリコンチャートで初登場1位を記録することが7日確定した。03年7月のデビューからシングルとアルバム計18作目で初の1位獲得。女性メンバーのHiroko(22)は「4年間の集大成を多くの人に聴いてもらえてうれしいです。また1からのスタートを切る気持ちで“私たちらしい”楽曲を届けていきたい」とコメント。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070508006010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

五木ひろし、新曲「ゆめかぜ」発売記念ミニライブを開催

2007年5月8日(火)04:23

 歌手の五木ひろし(59)が7日、千葉・舞浜のクラブ イクスピアリで9日発売の新曲「ゆめかぜ」を記念したミニライブを行った。

 “夢の国”ディズニーランドに隣接した会場でのライブに、五木は「『ゆめかぜ』にまさにふさわしい場所」と喜び、同曲など10曲を熱唱。来年は結婚20周年を迎えるなど公私ともに順調で、報道陣から結婚会見した波田陽区へのアドバイスを求められると、「子はかすがい。妻の偉大さが分かるし、それと同時に男は何をしたらいいんだろうと思って、頑張るからね」と夫婦円満の秘訣を教えていた。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070508005.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

マイラバが3年2カ月ぶりツアー初日、akkoが16曲を熱唱

2007年5月8日(火)03:43

 歌手、akko(34)のソロプロジェクト「my little lover」が7日、東京・SHIBUYA−AXで全国10カ所のライブハウスツアーの初日を迎えた。

 akkoは2女児の出産を終え、昨年11月にソロで活動を再開。ツアーは平成16年3月以来、3年2カ月ぶり。「あふれる」など16曲を熱唱し約1700人のファンを酔わせると「みなさんのおかげで初日を気持ちよく出来ました」と感無量の表情を浮かべた。


 akkoの夫でマイラバのプロデューサー、小林武史氏(47)はステージに上がらずに見守った。小林氏が1月に歌手、一青窈(30)とのデートをキャッチされ、夫婦仲の危機もささやかれているが、言及はなかった。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070508004.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年05月07日

表紙写真が宮本作品に酷似、英人気バンドのDVD出荷停止

2007年5月7日(月)16:25

 英国の人気ロック・バンド、ニュー・オーダーのDVD「ベスト&ストーリー」のジャケット写真が、日本人写真家宮本隆司さん(60)の作品と酷似しており、DVDの映像監督も「宮本作品に触発された」と認めたことから、このDVDの出荷が全世界で停止されたことが、7日わかった。

 ニュー・オーダーの所属レコード会社の日本法人、ワーナーミュージック・ジャパンによると、DVDは一昨年秋に発売。ジャケットには、DVDの映像の1カットで、ダンボールの家に傘が乗る絵柄の写真が使われた。ところが、発売直後に美術関係者から、「宮本さんの作品に酷似している」と指摘され、調査の結果、DVDを手がけた香港在住の映像監督が「盗用の意図はなかったが、宮本さんの作品に触発された」と認めた。そのため、国内及び海外の関連会社での出荷を停止し、同社が宮本さんに謝罪した。


http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/music/20070507ih01-yol.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン閉幕、来場者は66万

2007年5月7日(月)10:53

 東京・有楽町の東京国際フォーラムで開かれていた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン熱狂の日音楽祭2007」(東京国際フォーラム主催、読売新聞社特別協力)が6日閉幕した。

 今年は5日間の会期中に181の有料公演が行われ、過去最高となる約20万枚のチケットが売れた。また来場者は、昨年を17万人上回る約66万人に達した。

 来年のテーマは「シューベルトが生きたウィーン」。19世紀初頭のウィーンを舞台に、シューベルトと同時代の作曲家たちを紹介する。「シューベルトへのオマージュ」をテーマとする室内楽の新曲を日本人作曲家に委嘱し、初演する計画も同日、発表された。


http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/music/20070507ij01-yol.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

「風」再結成、伊勢正三ライブで実現

2007年5月7日(月)10:25

 70年代後半に一世を風靡(ふうび)したフォークデュオ「」が6日、28年ぶりに再結成された。この日、都内で行われた伊勢正三(55)のライブに大久保一久(56)が飛び入り参加した。予期せぬ登場に、団塊世代約1000人で埋まった会場はオールスタンディング。がっちりと握手を交わし、抱き合う2人を割れんばかりの大拍手が包んだ。

 「22才の別れ」のイントロが流れると、会場は一転シーンと静まり返った。「何かよみがえるよね」。伊勢は何度もつぶやきながら大久保と視線を合わせた。約30年の時がタイムスリップ。2人を見守る観衆のだれもが青春の思い出に浸る中、同曲に続き「アフタヌーン通り25」も熱唱した。

 伊勢が大久保にかけた1本の電話から、この日の再結成が実現した。「ってさ、よく考えたら解散してないんだよね。僕が勝手に家出をしちゃったの。ごめんね。久保やん」。一夜限りの夢ではなく、7月21日に山梨県北杜市で行われる野外ライブにも大久保は出演。また、6月から7月にかけて、オリジナルアルバム5枚が再発売される。初CD化となる音源4曲を含むシングルコレクションもリリースされる。

 団塊世代の一斉退社が始まった07年。700万人を超える同士にエールを送るように、青春時代をともにに歩んだ「」が都心に再び吹いた。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/music/p-et-tp0-070507-0008.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。