2007年06月15日

上田正樹、サックス奏者の朝本千可と離婚していた

2007年6月15日(金)04:31

 R&B歌手の上田正樹(57)が、妻でサックス奏者の朝本千可(47)と離婚していたことが14日、分かった。

 2人は昭和63年12月に結婚。朝本は「本当に歌がうまいし、キャリアがある」と上田のプロデュースに参画。上田も朝本のアルバムにバックコーラスで参加するなど、蜜月時代が続いた。


 しかし、昨年8月に上田が神奈川県内の自宅を出て行く形で別居。10月に離婚が成立した。破局の原因は上田の信仰上の問題とみられるが、朝本は離婚後に海外へ渡航しコメントせず。上田は14日付で自身のブログを更新し、ニューアルバム発売の告知をしているものの、離婚については一切触れていない。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070615008.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

Sowelu、JUJUとセッション…300人の聴衆を魅了

2007年6月15日(金)04:31

 歌手、Sowelu(24)が14日、東京・渋谷duoでライブを行い、米ニューヨーク在住の女性シンガー、JUJU(年齢非公表)とのセッションを披露した。

 Soweluは20日発売の新曲「誰より好きなのに」など4曲を熱唱した。曲の合間に突然、「モノマネをします」と宣言。「アサヒ、スーパードラ〜イ」とCMナレーションの声真似をして客席の笑いを誘った。


 JUJUは「奇跡を望むなら…」など5曲を披露。ラストではカーペンターズの名曲「Close To You」を2人で歌い、約300人の聴衆を酔わせた。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070615005.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年06月12日

関ジャニ∞、2ndアルバムがオリコン初登場1位獲得!

2007年6月12日(火)05:06

 人気グループ、関ジャニ∞のセカンドアルバム「KJ2ズッコケ大脱走」が、11日発表のオリコンアルバム総合ランキングで初登場1位を獲得した。

 グループにとって初の1位だけでなく、演歌・歌謡アルバムによる初登場1位は、昭和45年1月の同ランキング開始以来、史上初の快挙。また、発売第1週での20万枚突破(21.2万枚)も演歌・歌謡アルバム史上初となった。


 シングルランキングでは、KAT−TUNの「喜びの歌」がデビュー曲から4作連続での初登場1位を達成した。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070612009.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

入場料500円なのに超豪華ライブ

2007年6月12日(火)06:13

 入場料500円の“ワンコイン”による豪華競演ライブが開かれる。

 スポニチなどの後援で7月29日に東京・渋谷「C.C.Lemon hall」で開催されるチャリティー公演「Live eco MOTION(ライブ・エコ・モーション)」。出演するのは、ドラマ「西遊記」の主題歌がヒットしたバンド「MONKEY MAJIK」、オリコン1位を獲得するなど大人気のヒップホップデュオ「MEGARYU」、昨年のNHK紅白歌合戦に出場した「mihimaru GT」の3組。

 地球環境保護を目的に主催する横浜ゴムが呼び掛けたところ、環境貢献活動に関心を寄せていた3組が賛同。一夜限りの豪華競演ライブが実現することになった。

 会場には募金箱を設置。ライブの収益と募金は財団法人「WWFジャパン」を通じ、地球温暖化対策活動のために役立てられる。実費以外はノーギャラで出演する3組は「地球に対するLOVE&PEACEを歌で伝えたい」と張り切っている。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070612006011.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年06月11日

高見沢ソロCDでリリー氏ら豪華共演

2007年6月11日(月)06:13

 「THE ALFEE」の高見沢俊彦(53)が16年ぶりに発表するソロアルバム「Kaleidoscope」のCDジャケットが完成した。ソニーの家庭用ロボット「AIBO」のキャラクターデザインを手がけたイラストレーターの空山基氏が描いた。「アルフィーとは違う自分を描いていただけたことに感激している」と高見沢。同アルバムは氣志團綾小路翔(年齢非公表)、つんく♂(38)、リリー・フランキー氏(43)らが作詞家として参加する豪華作品で7月18日発売。初回盤のジャケットは3D仕様になる。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070611006010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

美空ひばりさん ハワイで“復活”

2007年6月11日(月)06:13

 故美空ひばりさん(享年52)の生誕70周年を記念した「フィルムコンサート」が9日夕(日本時間10日午後)、米ハワイ・ホノルルのワイキキビーチで行われた。ハワイは13歳のとき、人気ボードビリアンの故川田晴久さん(同51)とともに初の海外公演を開いたゆかりの地。地元の日系人を含む約5000人(主催者発表)の観客の胸に、懐かしの“ひばり節”が響きわたった。

 夕闇迫るワイキキビーチの砂浜に設置された縦横10メートルの巨大スクリーンに、“昭和の歌姫”がよみがえった。

 ホノルルで8、9日に開かれた「まつりインハワイ」の目玉イベント。05年から始まり80カ所、10万人以上を動員してきたひばりさんのフィルムコンサートを海外で開いたのはブラジルに次ぎ2度目。計48曲、約2時間のコンサートに、日本からのツアー客(約70人)はもとより、日系人ら地元民は酔いしれた。

 ひばりさんが川田さんとハワイで初の海外公演を行ったのは1950年(昭25)5月。第2次大戦中ヨーロッパで戦った日系2世米国人部隊の第100大隊の招きによるものだった。公演はどこも満員の大盛況。売り上げの一部はホノルル郊外にある100大隊記念館の建設費に寄付された。

 「1400人ぐらいの部隊で、日本軍とは戦いづらいだろうとヨーロッパに送られた。体が小さく敵からは米軍と思われず悔しかったが、イタリアの町でドイツ軍の侵略を防ぐなど輝かしい功績がある。そんな歴史が残ったのも、記念館建設に協力してくれたひばりさんのおかげ」と元大隊員の野原眞孝さん(87)。当時、戦死して6年ぶりに遺体が見つかったリチャード本田さんの埋葬式が国立墓地で行われ、ひばりさんは川田さんとともに式に参列し献花もした。

 川田さんの一人娘・岡村和恵さん(72)は「ひばりさんが小さいころ何をしていたか(息子の)和也さんに知ってほしいと思っていた。フィルムコンサートは最高の機会」と感激の面持ちでコンサートを見守った。

 ひばりプロダクション社長、加藤和也氏(35)は「100大隊や岡村さんが僕の知らない母の写真や録音テープなどを持っていて感動している。岡村さんとは“2人で本田さんのお墓に行きましょう”と話している」。ひばりさんが86年に購入したホノルル郊外のマンションの一室からは、その墓地が見える。ハワイ公演はその後も3回行ったが、フィルムコンサートが57年前の糸をたぐり寄せてくれた。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070611006011.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

あゆ アジアツアー故郷・福岡で終演

2007年6月11日(月)06:13

 浜崎あゆみ(28)が10日、故郷・福岡市のマリンメッセ福岡に約8500人を集めて、初アジアツアーの最終公演に臨んだ。

 20曲目のラスト「Who…」を歌いきると「無事に最終日を迎えることができたのは、全国やアジアのみんながくれた笑顔のおかげ」とあいさつ。マイクを通さずに「ありがとう!」と叫び、両手で目頭を押さえた。

 ツアー最終日を故郷で迎えたのは初めて。ファンの要望に応えた。楽屋には当地の名物飲食店「やまちゃん」から「さがり(牛の横隔膜の焼き物)」の差し入れが届き、「ただいま〜。楽しんどうや?」と博多弁で語りかける一幕も。

 総製作費18億円。機材の総重量600トン(40フィートコンテナ25台分)。3月から国内5都市と台北、香港、上海を回り、計16公演で17万人を動員。7着の衣装で七変化にも挑戦した。香港では新曲「glitter」(7月18日発売)の映像としてショートフィルム(約15分)を撮影し、キスシーンがあることも明かした。終演とともに客席には銀テープが放たれ、そこには「ASIA IS ONE(アジアは1つの意味)」の文字。ツアーで思いを強くした答えだった。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070611006007.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

松田聖子“女子高生コスプレ”で熱唱

2007年6月11日(月)06:13

 松田聖子(45)の全国ツアーが10日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。

 オープニングから、紺のブレザーにチェック柄スカートの“女子高生コスプレ”で登場。満員1万5000人の大観衆の「可愛い!」の声援に満面の笑みで応えた。

 来月3日スタートのフジテレビ花ざかりの君たちへ」(火曜後9時)で、2年ぶりにドラマ出演することも報告。

 新アルバム「Baby’s breath」の収録曲を31人編成のストリングスをバックに披露するなど、艶やかで張りのある歌声で観客を魅了。客席総立ちの盛り上がりに、アンコールでは予定を上回る6曲も歌唱した。全国12カ所17公演で10万人を動員する見込み。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070611006005.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

2007年06月08日

天野滋さん追悼へ、南こうせつら参加

2007年6月8日(金)06:13

 05年7月に脳内出血のため亡くなったフォークグループ「NSP(ニュー・サディスティック・ピンク)」のリーダー、天野滋(あまの・しげる)さん(享年52)の追悼コンサートが、7月1日に東京・新宿の東京厚生年金会館で開催される。

 「SONGS〜歌は世につれ〜天野滋トリビュート」と題し、親交のあった南こうせつChar高橋ジョージ、元オフコース鈴木康博細坪基佳、「平川地一丁目」の林龍之介が出演。ギターの中村貴之、ベースの平賀和人もステージに上がり、「NSP」としての最後の演奏も披露する。2人は「これが最後のステージ。特別な一夜になるでしょう。天野の残した楽曲がこれからもずっとずっと歌い継がれていくことを願っています」と話している。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070608006010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

ミスチル“我が家”横浜で超満員公演

2007年6月8日(金)06:13

 人気ユニット「Mr.Children」が7日夜、全国ツアー公演を横浜アリーナで行った。

 約1カ月前にスタートした3年ぶりのアリーナツアーで、ボーカルの桜井和寿(37)は「遠方に出ていて、やっとホームグラウンドに帰ってきた感じ」と笑顔。初めてツアーに帯同しているプロデューサーの小林武史氏(48)の演奏を交え、「しるし」「箒星」「フェイク」など23曲を披露。会場は満員の1万5000人で埋まり、立ち見客も出る盛況ぶりで「忘れられないライブに」と汗だくで熱演した。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070608006007.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

川内氏 和解工作で議員介入も屈せず

2007年6月8日(金)06:13

 作家で作詞家の川内康範氏(87)が手掛けた新曲「新座頭市」の発表会が7日、都内で開かれた。今年2月の森進一(59)との“おふくろさん騒動”発覚時に会見して以来、4カ月ぶりの公の場。森が複数の衆院議員を使って和解を持ちかけてきたと明らかにし「オレはいかなることがあっても終始一貫!」とバッサリ。二度と歌わせない姿勢をあらためて強調した。

 川内氏は新曲発表のために自宅のある青森県三沢市から上京。「新座頭市」を歌う俳優で歌手の三夏紳=みなつ・しん=(65)に「この歌で今の日本に光を当てろ!」とゲキを飛ばすなど意気軒高だ。

 新曲発表の場に出たのは67年発表の「君こそわが命」以来40年ぶり。40人近い報道陣に「こんなに集まってビックリした」とほほ笑むと「年齢から言えばオレはジジイだ!しかし、この国を再生させるための情熱は誰にも負けない。オレは死ぬ最後までこの国を昔のような美しい国にしたい。しょせん、歌なんてざれ言と言われても、歌は心を運ぶ舟なんだ」と、新曲に込めた熱い思いを語った。

 じっと聞き入る取材陣に「きょうの皆さんはマナーを知っていて、森のことを一言も触れませんが…」と相好を崩すと「政治家が2人も3人も電話をよこしてきた」と森の和解工作を明らかにした。「私は歴代首相の顧問をしてきたが、ビタ一文もらっていない」と言い、森の姿勢を批判。「いかなることがあっても終始一貫。許すも許さないもない。会うことはない」と、二度と自身の作品を歌わせないことをあらためて強調した。

 歌への熱い思いはNHK紅白歌合戦にも及び「力量のない歌手が出ている。全体の30%はいる」と分析。音楽作家としての活動を今後、活発化させる意向で「もう一度、日本の歌謡界をひっくり返す」とブチ上げた。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070608006001.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽

オノ・ヨーコ、日本の音楽番組に初登場−フジ系「僕らの音楽」

2007年6月8日(金)05:05

 元ビートルズ、故ジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコ(74)が今月29日放送のフジテレビ系「僕らの音楽」(金曜後11・30)に出演することが7日、分かった。ヨーコが日本の音楽番組に登場するのは初めて。

 きっかけは親交のある男女ユニット、LOVE PSYCHEDELICO(ラブサイケデリコ、以後=デリコ)の熱烈ラブコールだった。彼らが同番組でテレビ地上波初出演することから、フジがデリコサイドに対談したいアーティストをリサーチ。そこで飛び出した名前がヨーコだった。デリコの所属事務所は「ダメもとのオファーだったのですが『あなたたちは、とても親近感があるからいいわよ』と快諾していただき、大感激でした」と明かした。


 デリコはジョンやビートルズに多大な影響を受けて平成12年デビュー。昨年ビートルズの「ヘルプ!」をカバーして話題となった。チャリティー公演「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」でも一昨年から2年連続でヨーコと共演。ボーカルのKUMI(31)は楽屋でヨーコから「クミちゃん」と声を掛けられるほどうち解けたという。そんなデリコだからこそ、ヨーコが快諾した。


 デリコは18日に渡米。現在モスクワで個展を開催中のヨーコも19日にNYへ戻る予定。対談場所はこれから決めるそうで、ヨーコの住むダコタアパートになるのか、ジョンが愛したセントラルパークになるのか、いずれにしても絵になる風景の中で収録が行われることになりそうだ。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070608010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

2007年06月07日

バクチク20周年ライブにTERUら出演

2007年6月7日(木)09:33

 5人組ロックバンドBUCK−TICK(バクチク)のデビュー20周年公演(9月8日、横浜みなとみらい特設ステージ)に、4人組バンドのrally(ラリー)とabingdon boys school(アビングドン・ボーイズ・スクール)が出演することが6日、分かった。

 ラリーとはGLAYHISASHI(35)TERU(35)らが05年に結成した。同年に発売されたバクチクのトリビュート盤「PARADE」に参加し「悪の華」をカバーするためだけに生まれ、今回の出演が初めて生演奏を披露する場になる。アビングドンは、T.M.Revolution西川貴教(36)がソロ活動とは別に結成したロックバンドで「ドレス」をカバーした。

 バクチク通算600本目のライブでもある20周年公演には、トリビュート盤に参加した13組がゲスト出演する。この日、横浜ブリッツで全国ツアーをスタートしたバクチクのヤガミトール(44)は「つくづく20年やってきて良かったと感じます。熱いプレーをします。ぬるいのは嫌いです!」と話している。詳細は特設サイト=http://www.bt-on-parade.com/まで。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/music/p-et-tp0-070607-0011.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

椎名林檎 勘三郎歌舞伎に楽曲提供

2007年6月7日(木)06:13

 歌舞伎俳優の中村勘三郎(52)主演舞台「三人吉三」の通し稽古が6日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで行われた。勘三郎が若者にも歌舞伎に親しんでもらうために渋谷で始めた舞台の第8弾。01年の第4回の再演で、「吉三」という同じ名前の3人が100両の大金をめぐり地に落ちていく物語。

 今回は、勘三郎がファンだったという歌手の椎名林檎(28)が挿入曲「玉手箱」を書き下ろした。歌舞伎初の試みで、勘三郎も「立ち回りに合うんですよ」と満足そう。公演は7日から28日までで、その後、米ニューヨークで公演。勘三郎は「ビッグ・シークレットもあります」と演出面でのサプライズを約束した。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070607006009.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

羽田健太郎さん通夜しめやかに…谷村新司ら700人参列

2007年6月7日(木)04:24

 2日に肝細胞がんのため亡くなったピアニストで作曲家、羽田健太郎さん(享年58)の通夜が6日、東京・元麻布の善福寺で営まれ、加山雄三(70)、さだまさし(55)ら約700人が故人をしのんだ。

 羽田さんと同い年の歌手、谷村新司(58)は、落胆した様子で「頼りがいのある最高のバンマス(=バンドマスター)でした。(58歳は)早い、早すぎる」と嘆き、堀内孝雄(57)は「ダジャレの王者で、いるだけで周りが明るくなった」としんみり。


 羽田さんの名を一躍有名にしたテレビ朝日系「ニュースステーション」のメーンキャスターだった久米宏(62)は、「きょうはコメントは…」とだけ言い残し、会場をあとにした。


 会場の外には羽田さんが自宅で練習や作曲に使っていたピアノが置かれ、弔問客の涙を誘った。葬儀・告別式は7日に同所で。戒名は妙音院釋穏健(みょうおんいんしゃくおんけん)。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070607010.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽

明菜「おふくろさん」断念…演歌カバーアルバム6・27発売

2007年6月7日(木)04:20

 27日に演歌のカバーアルバム「艶華」を発売する歌手、中森明菜(41)が、森進一(59)の代表曲「おふくろさん」の収録を断念したことが6日、分かった。

 4月に行った収録曲のネット投票で27位になるなど、同盤への収録が注目されていたが、発売元のユニバーサルシグマでは「単に話題性を追うだけのアルバムになってしまい、全体のトーンに支障をきたす」と説明。


 森がイントロ前に無断でセリフを足した問題で、作詞家の川内康範氏(87)から歌唱差し止めを言い渡されたいわくつきの曲。収録曲は投票トップ3の「天城越え」「夜桜お七」「越冬つばめ」など11曲を選曲した。


 また、初の試みとしてカバー盤と同日発売で原曲歌手によるコンピレーション盤「中森明菜選曲 演歌集−Enka−」の発売も決定。ネット投票1位の「天城越え」を歌う石川さゆり(49)は「この曲は私にとって転機になった大切な作品。明菜さんの『天城越え』はどんな歌になるのかとても楽しみです」と期待を寄せている。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070607000.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

2007年06月06日

加山雄三 谷村作詞で7年ぶり新曲

2007年6月6日(水)06:13

 4月に70歳になった歌手で俳優の加山雄三が、7年ぶりの自作曲「星の旅人」を7月4日に発売する。作詞は谷村新司(58)で、名曲「サライ」以来15年ぶりのコンビ。また、7月25日には同名で10年ぶりにオリジナルアルバムを発売することも決定。「古希を迎え、妙に音楽を作りたい衝動に駆られている」と元気いっぱいだ。

 “永遠の若大将”が古希を迎え、ポップス界屈指のゴールデンコンビで新たなスタートをきる。

 谷村作詞、加山(弾厚作)作曲の「星の旅人」は通算62枚目のシングル曲。00年の「YES」以来7年ぶりの自作シングルで、51年に作った処女作「夜空の星」以来、493作品目の楽曲になる。

 あの日見上げた 空に抱かれ今日まで――の歌詞は、66年の大ヒット曲「旅人よ」を連想させる同世代への応援歌。谷村とは日本テレビ24時間テレビ」のテーマソングとして有名な「サライ」以来15年ぶりのコンビ。谷村は「われわれ世代から加山さんへの感謝の心を重ねて(詞を)書かせていただきました。この歌が新しい“加山雄三”の旅立ちになれば何よりの喜びです。みんなの永遠の星(スター)に尊敬と感謝を込めて」と、その思いを明かしている。

 また、カップリング曲「逢えてよかった」は言わずと知れた黄金コンビ。「君といつまでも」「お嫁においで」などの代表曲をすべて書いている岩谷時子さん(91)の作詞。97年のアルバム「LIFE」に収録した同名曲以来、10年ぶりの最強コンビ復活になる。

 アルバム「星の旅人」は通算37枚目。現在製作中で、10曲か11曲の収録を予定。すべて「弾厚作」名義で自ら作曲。シングルもアルバムもヒットすれば、ポップスシンガーでは異例の70歳チャートイン記録になる。古希の記念ツアーを展開中の加山は「この機会に原点に立ち返り、レコーディングアーティストとしてさらに良い作品を発表していきたい」と大いに張り切っている。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070606006001.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

日本人アーティスト史上初!絢香の新曲が世界10カ国で配信

2007年6月6日(水)04:58

 絢香、欧米へ進出−。人気歌手、絢香(19)の新曲「Jewelry day」(7月4日発売)のプロモーションビデオが、6日午前10時から日本をはじめ米、英、仏など世界10カ国で先行配信されることになった。

 iPodのパソコン用配信「iTunes Store ワールドプレミア」に選ばれたもので、世界10カ国や欧米への配信は日本人アーティストでは初めて。ヒット曲「三日月」がMTVアジアで10カ国にオン・エアされた実績や海外在住のファンの強い要望で実現した。世界ではジャスティン・ティンバーレイク(26)、ビョーク(41)に続いて3人目の快挙。


 全国ツアー中の絢香は5日、石川県の金沢市文化ホールでコンサートを行い、詰めかけた約900人のファンに快挙を報告。「まだ誰も見ていないプロモーションビデオです。行ったことのない国ばかりで、違う生活をしている人の所に届くと思うとすごいね」などと話し、自らも配信をチェックするようだ。この日は新曲など約20曲を歌った。また、100万枚突破のアルバム「First Message」も同時に世界22カ国で配信。日本人としては過去最多国への配信となる。


 新曲「Jewelry−」は今年初のシングルで、俳優の田村正和(63)が14年ぶりに主演した映画「ラストラブ」(16日公開)の主題歌。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070606004.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

市川先生の曲で紅白出る!松原のぶえが新曲「泣きぼくろ」PR

2007年6月6日(水)04:56

 演歌歌手、松原のぶえ(45)が5日、東京・大手町のサンスポ編集局を訪れ、6日発売の新曲「泣きぼくろ」をPRした。

 同曲は昨年9月に肝不全のため死去した作曲家、市川昭介さん(享年73)の遺作で、来年デビュー30周年を迎える松原のために記念曲として2年前に制作された。


 松原は「先生の存在が遠くならないうちに歌いたい」と急きょ発売することになった理由を説明し、「市川先生の顔が浮かんでくるような優しくてソフトなタッチの歌です」とPR。


 年末のNHK紅白歌合戦への出演にも意欲を見せ「いい歌を残していただいたので頑張りたい。私の代表曲として歌い継いでいきます」と熱く誓った。12日午後8時から放送されるNHK歌謡コンサート」に出演する。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070606005.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年06月05日

「前川清&クールファイブ」再々結成

2007年6月5日(火)06:13

 昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で一夜限りでの復活を果たした「内山田洋とクールファイブ」が「前川清&クールファイブ」と改め、4日、都内で「恋唄〜2007〜」の公開レコーディングを行った。

 「内山田洋…」の72年のヒット曲「恋唄」から命名した前川清(58)の競走馬コイウタが先月、G1レース「第2回ヴィクトリアマイル」で優勝したことを記念した再再結成企画。前川がクールファイブを脱退した87年以来、メンバーとのレコーディングは20年ぶり。

 前川は「馬の勢いに任せて思いついた。若い人は馬は知っていても歌は知らないし、いい機会だと思った」と笑顔。ソロでも同曲を発売しているが、再再結成してのレコーディングについては「メンバーの(経営する)スナックがつぶれそうだし恩返しのつもり」と冗談交じりに話した。宮本悦朗(59)も「12番人気の馬がね〜。おかげで再結成できて、ウマくいったね」と“舌好調”だ。

 5人は9月に北海道でリサイタル10公演を行う。楽曲の発売日は7月1日。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070605006002.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。