2007年06月21日

「チャングムの誓い」菊川怜で舞台化

2007年6月21日(木)09:43

 韓国の人気ドラマ「チャングムの誓い−宮廷女官物語」が12月、菊川怜(29)主演により東京・日生劇場(2〜25日)で舞台化されることが20日、分かった。

 「チャングム−」は16世紀の朝鮮王朝を舞台に、宮廷料理人を目指したチャングムが数々の試練や逆境を乗り越え、王の主治医に上り詰める姿を描く大河ドラマ。韓国ではイ・ヨンエがヒロインを演じて03年9月から翌年3月まで放送され、平均視聴率47%、最高視聴率57・8%という韓国ドラマ史上に残る記録をマーク。日本ではNHKが04年にBS、05年に総合テレビで放送。昨年、ヨンエがゲスト出演した同局「スタジオパークからこんにちは」は、3000人の観客が集まり、14年間の番組史上初めてNHKホールで放送されるなど、話題の作品だ。今年もノーカット字幕版が放送されている。

 今年5月にはソウルでミュージカル版が上演。テレビシリーズ54話の長丁場を巧みに再構成してヒットした。今回の舞台はそのミュージカル版をさらに改訂。菊川がチャングムにふんする。

 菊川は05年に初舞台で主演した明治座五瓣の椿(ごべんのつばき)」以来、2度目の舞台。チマ・チョゴリなどの宮廷衣装姿も話題となりそうだが、菊川は「胸がわくわくする気持ちでいっぱいです。テレビとはまた違った魅力を、舞台上で引き出すことができるよう、頑張りたいと思います。チャングムのけなげさ、強さ、聡明(そうめい)さに、1人の女性として大きな魅力を感じています」と話している。ほか出演者は多岐川裕美前田美波里波乃久里子ら。日生劇場公演後、来年2月に名古屋・御園座で上演される。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/tv/p-et-tp0-070621-0005.html
タグ:TV
posted by きすけ at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。