2007年06月20日

“クラシック界のジャクソン・ファイヴ”が9月に初来日公演

2007年6月20日(水)03:44

 “クラシック界のジャクソン・ファイヴ”と呼ばれる、5人の兄弟姉妹による米ピアノユニット、ザ・ファイヴ・ブラウンズが、9月に初来日公演を行うことが19日、分かった。

 全員がニューヨークの名門ジュリアード音楽院で学び、一昨年にデビュー。5台のグランドピアノによる迫力の演奏で全米を席巻し、デビューアルバムはビルボードのクラシックチャートで10週連続1位。昨年発表したセカンドアルバムは、何と同チャート21週連続1位を達成した。


 そして、ついに実現する初の日本ツアーは、サードアルバム「パリのアメリカ人〜ブラウンズ・イン・ブルー」(9月12日日本先行発売)の楽曲をライブで世界初披露する貴重な瞬間となる。


 また同作には、今年生誕90周年を迎える故ディーン・マーチンの名曲「誰かが誰かを愛してる」を収録。マーチンの歌声に5人のピアノを合わせた“バーチャル共演”で、こちらも大きな話題となりそうだ。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/music/120070620003.html
タグ:音楽
posted by きすけ at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。