2007年06月18日

市村正親 舞台稽古の合間に“親孝行”

2007年6月18日(月)06:13

 市村正親(58)の主演舞台「氷屋来たる」の通し稽古が17日、東京・初台の新国立劇場で行われた。ノーベル文学賞作家ユージン・オニール原作で、米ニューヨークの酒場に集まる夢破れた男たちの物語。秘密を抱えるセールスマンを演じる市村は「最後には“愛”や“生きる”ということを感じてほしい」とアピール。この日は父の日。「妻(篠原涼子)の父が来ているので」と、稽古前の空き時間には“親孝行”に出かけた。岡本健一(38)、木場勝己(57)ら共演で、18日から同所で。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/movie/kfuln20070618006012.html


タグ:映画
posted by きすけ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。