2007年06月15日

中谷美紀&渡部篤郎が3年ぶり復縁

2007年6月15日(金)06:13

 俳優渡部篤郎(39)と女優中谷美紀(31)が交際していることが14日、分かった。出会いは99年のTBSドラマ「ケイゾク」での共演。スポニチ本紙の取材では、2人は一時親密な関係になったものの、04年に破局。今年に入って再会し、都内の飲食店などで頻繁に会っている。すでに親しい仲間に交際を明かしており、人気も実力も兼ね備えた大物カップルの今後が注目される。

 出会ったドラマから“ケイゾク愛”と呼ばれ、何度も恋の噂が取りざたされた渡部&中谷。そんな大物カップルは運命の糸に手繰りよせられるように再会し、ひそかに愛をはぐくんでいる。

 2人は当たり役となった「ケイゾク」の後、翌00年にも日本テレビ永遠の仔」で共演。仕事に全力で打ち込む姿勢にひかれ合い、表現者としての感性にも互いに魅せられ、プライベートでも何度も会うようになった。中谷が大好きなフランスで2人が一緒に旅行している姿も目撃された。

 しかし、スポニチ本紙の取材では、04年ごろに破局。その後、渡部は05年12月にタレントの村上里佳子(41)と離婚。国内のドラマ、映画だけでなく、パリ郊外の国立劇場で2人芝居「HIROSHIMA MON AMOUR」の舞台に立つなど幅広く活躍中。

 一方、中谷も映画「電車男」のエルメス役で話題を集め、今年初には主演映画「嫌われ松子の一生」で毎日映画コンクール女優主演賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。名実ともにトップ女優となった。

 そんな2人が、3年ぶりに出会ったのは今春。都内の飲食店で再会した際、役者としてさらに磨かれた互いの感性にそれまで以上にひかれ合った。その後は頻繁に会っており、親しい仲間には交際を打ち明けている。

 また、中谷は5月号の雑誌「H」で、00年の渡部との共演企画に触れ「何よりも尊敬する先輩である渡部さんとコラボレーションできたことがうれしかった」と存在の大きさを明かしている。

 中谷の所属事務所はスポニチ本紙の取材に「2カ月前に偶然、都内のお店で再会したと聞いています。その後も映画の企画の話で盛り上がっていて、確かに何度かお会いしていますが、すべて双方ともスタッフが同席していて、交際しているわけではない」と説明。渡部の事務所も「何度かお会いして楽しくお話をさせていただいていますが、交際ではない」としている。

 ◆中谷 美紀(なかたに・みき)1976年(昭51)1月12日、東京都生まれ。93年、フジテレビひとつ屋根の下」で女優デビュー。「ケイゾク」で一気にブレーク。「電車男」「壬生義士伝」「リング」など映画出演も多い。1メートル60、血液型A。

 ◆渡部 篤郎(わたべ・あつろう)本名・渡部篤。1968年(昭43)5月5日、東京都生まれ。91年、テレビ東京青春の門」のオーディションで合格し主演デビュー。92年「橋のない川」で映画初出演。95年「静かな生活」で日本アカデミー賞新人賞受賞。以後「スワロウテイル」「大河の一滴」など多数出演。身長1メートル80。血液型A。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/movie/kfuln20070615006001.html


タグ:映画
posted by きすけ at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。