2007年06月15日

山田邦子 番組きっかけで乳がん発見

2007年6月15日(金)06:13

 タレントの山田邦子(47)が乳がんを患っていたことが14日、分かった。都内で行われたテレビ朝日系「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」(火曜後8・00)の収録に参加し自ら告白した。すでに摘出手術は成功し、今後は放射線治療などを受ける見込み。3月に収録を行った同番組に出演して異変に気付いたという。

 山田は収録が始まった直後、司会のビートたけし(60)らに向かって「先にご報告しておくことがあります」と切り出した。そして、「以前この番組に出演したときに乳がんを扱って、その後、なんと乳がんが見つかったんです」と明らかにした。

 前回出演した時のテーマは「女性が気をつける病」で、3月8日に収録(4月3日放送)。胸を触って乳がんを見つける自己検診の方法を医師から教わり、胸にしこりがあることに気づいた。

 帰宅後に確認してもやはりしこりがあり、番組のスタッフを通じて医師に連絡。検査を受け、左乳房に1つ、右乳房に2つのがんが見つかった。どれも小指の先ほどの大きさで、8年前くらいにできたものと診断されたという。

 関係者によると、4月から5月にかけて2回手術を受け、がんを摘出。術後の経過は良好で「早期発見でがんが極小だった。あの時触らなかったら病院に行かなかったと思う。本当にありがとうございました」とうれしそうに話した。

 手術は乳輪に沿って乳房を切開し、がんを取り除く方法で「胸は温存しています。ピンポン球くらいの大きさのものを取り除くから陥没するけど、おっぱいが大きかったことと、脂肪が多かったのできれいになった。きずも見えなくなるみたい」と笑顔も戻った。今後は放射線治療とホルモンの薬の服用を続け、仕事は今まで通り続けるという。

 この日収録した同番組のテーマは「美容医学」で、山田は大きな笑い声を上げたりガッツポーズを見せるなど、元気な様子を見せていた。この模様は7月10日に放送される。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/tv/kfuln20070615006005.html


タグ:TV
posted by きすけ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。