2007年06月11日

あゆ アジアツアー故郷・福岡で終演

2007年6月11日(月)06:13

 浜崎あゆみ(28)が10日、故郷・福岡市のマリンメッセ福岡に約8500人を集めて、初アジアツアーの最終公演に臨んだ。

 20曲目のラスト「Who…」を歌いきると「無事に最終日を迎えることができたのは、全国やアジアのみんながくれた笑顔のおかげ」とあいさつ。マイクを通さずに「ありがとう!」と叫び、両手で目頭を押さえた。

 ツアー最終日を故郷で迎えたのは初めて。ファンの要望に応えた。楽屋には当地の名物飲食店「やまちゃん」から「さがり(牛の横隔膜の焼き物)」の差し入れが届き、「ただいま〜。楽しんどうや?」と博多弁で語りかける一幕も。

 総製作費18億円。機材の総重量600トン(40フィートコンテナ25台分)。3月から国内5都市と台北、香港、上海を回り、計16公演で17万人を動員。7着の衣装で七変化にも挑戦した。香港では新曲「glitter」(7月18日発売)の映像としてショートフィルム(約15分)を撮影し、キスシーンがあることも明かした。終演とともに客席には銀テープが放たれ、そこには「ASIA IS ONE(アジアは1つの意味)」の文字。ツアーで思いを強くした答えだった。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/music/kfuln20070611006007.html


タグ:音楽
posted by きすけ at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。