2007年06月11日

宮川大助 10分限定漫才で“復帰”

2007年6月11日(月)06:13

 脳出血からカムバックしたばかりの漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川大助(56)が妻で相方の花子(51)らとともに10日、3月に大地震に見舞われた石川・能登半島を訪問。被災者を元気づけるため輪島市と穴水町で「がんばってや!!能登 よしもと能登応援ライブ」を開催した。

 体調を考慮して10分間の限定漫才。“励まそう”という気持ちは舞台に立った瞬間消え、大爆笑する観客から逆に勇気をもらった。大事をとって予定されていた会見を欠席した大助に代わり花子は「(客席から)大助に“頑張って”“頑張って”と声をかけていただいて」と感謝の言葉を口にした。

 医者から3時間以上の移動は控えるようにと言われていたが、復帰後にまず足を運びたいと言ったのが能登半島。闘病中の見舞金を義援金として寄付した。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/tv/kfuln20070611006012.html


タグ:TV
posted by きすけ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。