2007年06月05日

林家こん平が3年ぶり復帰!「らくご卓球クラブ」パーティー出席

2007年6月5日(火)03:39

 脳や脊髄などの中枢神経系が侵される難病「多発性硬化症」を患い休業中の落語家、林家こん平(64)が4日、東京都杉並区のバタフライ卓球場で行われた、自身が監督を務める「らくご卓球クラブ」の20周年記念パーティーに出席。約3年ぶりにマスコミの前に元気な姿を見せた。

 試合はしなかったものの、ユニホーム姿で登場し、卓球の福原愛選手(18)から花束を渡されるなど祝福を受け、笑顔と「うれしい」を連発した。


 こん平は声帯に異常を訴え、平成16年8月に入院し治療に専念してきた。所属事務所によると、現在は通院治療中で、ここ約2カ月はリハビリを兼ねて同クラブの毎週月曜の練習に参加。高座復帰は「声がまだ出にくく、もう少し時間がかかる」とした。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/showbiz/120070605004.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。