2007年05月24日

J・デップ、映画シリーズ完結でも「スパロウ船長は永遠」

2007年5月24日(木)13:03

 [東京 23日 ロイター] 米人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ完結編のアジア・プレミアで来日した人気俳優ジョニー・デップは、自身が演じたスパロウ船長はたとえシリーズが終わってもずっと自分とともにいると語った。23日当地で行った会見で述べた。

 同シリーズ主役の海賊ジャック・スパロウ船長を演じたデップは、最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が三部作の最後かどうかは誰にも分からないとした上で、「キャプテン・ジャックはどこにいてもいつも自分と一緒にいるだろう」とコメント。同船長は死ぬことはない、などと語った。

 同記者会見には、デップをはじめ、オーランド・ブルームジェフリー・ラッシュなどハリウッド映画界で活躍する俳優が参加し、中には感極まって泣き出す女性リポーターもいた。

 同作品は、25日に世界同時公開される。


http://news.goo.ne.jp/article/reuters/entertainment/movie/JAPAN-261107.html


タグ:映画
posted by きすけ at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 10:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。