2007年05月22日

中村勘三郎に申告漏れ発覚

2007年5月22日(火)06:13

 歌舞伎俳優の中村勘三郎(51)が東京国税局の税務調査を受け、所得などの申告漏れを指摘されたことが21日、分かった。一部では、05年の襲名披露の際に受け取った祝儀を申告していなかったなどとして、約7000万円の申告漏れ、うち約2000万円について所得隠しと認定されたと報道。

 これに対して勘三郎の所属事務所は、マスコミ各社に弁護士を通じてファクスで回答。「ご祝儀はすべて申告しており、7000万円もの申告漏れの事実はなく、隠ぺい行為も行ってない」と主張。

 また、実際の申告漏れの金額は、当局との見解の相違による約800万円で、約290万円の修正申告に応じたと説明した。勘三郎は「会計については、すべて会計事務所にお願いしております。税金は正しく申告してきちんと納めているものと信じていました」とコメント。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/showbiz/kfuln20070522006014.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。