2007年05月21日

キムタク カンヌで「HERO」PR

2007年5月21日(月)06:13

 木村と香取が滞在先のホテルから出ると、アジア人を中心とした観光客らは騒然。フラッシュと歓声の中、作品アピールの場(カールトンホテル・ビーチレストラン)に向かった木村は、日本では珍しいサインにも応じるなど、ご機嫌だった。

 木村にとってカンヌは04年に「2046」(監督ウォン・カーウァイ)で訪れて以来で「いつ来てもワクワクする。“HERO”の撮影スケジュールは体力的にきつかったけど、ここに来て和らいだ感じがする」。香取は昨年に続く滞在となり「前回、今度SMAPのメンバーと来られたらと思っていたのでうれしい」と笑顔。

 当地の大通りには、欧米の大作と並ぶように「HERO」と「西遊記」の巨大ビルボード(幅22メートル、高さ2・4メートル)が掲げられた。香取は「普段感じないプレッシャー感じるな。何かスゲーことになってる」と興奮。木村はドラマ編でトレードマークになったダウンジャケット姿の写真に「カンヌらしくないなあ」と照れ笑いした。

 今回のキャンペーンは映画祭とは直接関係なく、世界中から集まる映画買い付け業者にPRするため滞在中。成田からパリまでの便は、松本人志と一緒で、木村は「同じカンヌに行くんだ、と思ったらうれしくなった」と映画祭の空気を楽しんでいる。

 パーティーでは、2人で鏡抜きし、映画のヒットを祈願。カンヌ用に製作された両作品の予告編(約3分)も上映され、約800人の招待者とともに観賞。特に木村は「西遊記」の映像を見るのが初めてで「凄く楽しみにしていた」と話した。「西遊記」は7月14日、「HERO」は9月8日公開。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/movie/kfuln20070521006002.html


タグ:映画
posted by きすけ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。