2007年05月18日

バレエダンサー熊川哲也 ケガで降板

2007年5月18日(金)06:13

 バレエダンサーの熊川哲也(35)が、芸術監督を務めるKバレエカンパニーの「海賊」の公演中に右足をケガしていたことが17日、分かった。

 主催のTBSテレビによると、15日に札幌市の北海道厚生年金会館で、開始から約42分が経過した1幕の終了直前、ジャンプから着地した瞬間に右足を痛めた。そのまま退場し、2幕は代役の橋本直樹(25)が演じた。

 現地の病院で応急処置を受け、右膝(ひざ)前十字靱(じん)帯損傷と診断された。16日に東京に戻って精密検査を受け、現在は自宅で療養中。公演は6月16日まで行われるが、橋本が代役を務める。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/showbiz/kfuln20070518006010.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。