2007年05月11日

辻ちゃん、杉浦太陽とツーショット“できちゃった”婚会見

2007年5月11日(金)07:32

 “できちゃった婚”する元モーニング娘。辻希美(19)と俳優、杉浦太陽(26)が10日、都内のホテルでツーショットで結婚会見を開いた妊娠9週目で舞台を降板し、新ユニットから脱退した辻は「迷惑をお掛けしましたが、自分のおなかに授かった命が何より大事だった」と説明。杉浦は「おなかの父として、夫として、頑張って2人を守ってみせます」と約束した。

 辻は白いノースリーブのワンピースに白のカチューシャをつけ、ウエディングドレスを思わせる衣装で登場。杉浦は、白シャツの上から黒ジャケットを着たカジュアルな格好でひな壇に並んだ。


 結婚報告をした後、2人は「ファンや関係者にご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」とそろって頭を下げ、妊娠で舞台「何日君再来」を降板し、結成したばかりのユニット「ギャルル」から脱退したことを謝罪した。


 当初モー娘。時代の先輩の矢口真里(24)から紹介されたと報じられたが、昨年4月に一般人の共通の友人宅で偶然出会い、杉浦は「運命の人と感じた」という。それがきっかけでグループ交際が始まり、夏から本格交際がスタート。


 辻はそのころから、杉浦は今年1月から結婚を意識するようになった。プロポーズは杉浦の26歳の誕生日の3月10日。「お前の笑顔が大好きやから一生お前の笑顔を見ていたい。ずっと俺についてきてくれへんか」という大阪弁に、辻は「頭が真っ白になり、涙が出てきて、すごくうれしかった」と大感激した。


 その時は来年結婚することを決めていたが、体調を崩した辻が今月の連休中に受けた再検査で妊娠が分かり、辻の20歳の誕生日の6月17日以降に入籍することを決めた。一緒に生活するのは入籍後で、挙式は親族だけで出産後に行う予定。辻は妊娠を知った時「もうひとつの命がおなかに宿っていることを知り、母性本能が出てきてうれしかった」と素直に喜び、杉浦も「病院でおなかの赤ちゃんの写真を見せてもらい、父として夫として、頑張って守っていきたいと思った」という。


 会見では「避妊は考えなかったのか?」という厳しい質問も飛んだが、「(舞台降板は)申し訳なかったけど、授かった命が何より大事。頑張って赤ちゃんを産んで、また仕事をしたい」と出産後は引退せず、仕事を続けることを明言した。


 6年前、TBS系特撮ドラマ「ウルトラマンコスモス」の主演でブレークした杉浦だが、来月公開の日豪合作映画「アカデミー」では英語で熱演するなど、役者として伸び盛り。辻の仕事には、妻として杉浦を支えていくことも加わる。


 ツーショットの写真撮影ではお互い何度も見つめ合い、笑顔が弾けた。辻の左手薬指にはプロポーズの際に手渡した6月の誕生石のパール(真珠、推定100万円)の指輪が光り輝いていた。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/showbiz/120070511000.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。