2007年05月07日

ドコモ 若手俳優大量起用で反撃開始

2007年5月7日(月)06:13

 ナンバーポータビリティー(番号継続)制度導入下で顧客獲得競争を繰り広げる携帯電話業界で、NTTドコモがライバル会社に「反撃宣言」する。新CMに浅野忠信(33)長瀬智也(28)妻夫木聡(26)瑛太(24)吹石一恵(24)土屋アンナ(23)蒼井優(21)北川景子(20)の8人を起用し、ドラマ仕立てで1年間シリーズ化。「反撃してもいいですか」とのメッセージも流すなど、挑発的な内容になっている。

 手品好きの浅野など、8人のキャラクターもさまざまで、第1弾は10日から放送。CMプランナーを務めた多田琢氏は「ワクワクするキャストぞろい。いろいろな組み合わせの化学反応を見てみたい」と意気込む。

 同制度導入後の携帯電話業界は、au速水もこみち(22)仲間由紀恵(27)篠原涼子(33)の3人で同世代のユーザーにアピールしてシェアを拡大。首位を保ちながらも新規契約数では2位のauに差をつけられているドコモも20〜30代の俳優を大量起用し、auのメーンユーザーである若年層を取り込み、巻き返したいようだ。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/movie/kfuln20070507006009.html


タグ:映画
posted by きすけ at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。