2007年05月01日

SE7EN主演ドラマが日本上陸…俳優初挑戦の話題作「宮S」

2007年5月1日(火)04:22

 韓国人R&Bシンガー、SE7EN=セブン=(22)の主演ドラマ「宮S」が日本で放送されることになった。彼が俳優に初挑戦した話題作で、6月9日からスカイパーフェクTV!の韓国情報チャンネル「MNET」でスタートする。

 「宮S」は「韓国が立憲君主制国家だったら」という設定の連ドラで、今年1月から3月まで韓国のMBCで放送。SE7ENは、一般人として暮らしていたが皇族と血縁関係だったことが分かり、皇位継承争いに巻き込まれる難役を演じた。


 都内でサンケイスポーツの単独取材に応じたSE7ENは「初めての演技だったので、セリフを覚えることに苦労したけど、すごく楽しかった」と演じることに魅せられた様子。日本でのドラマ出演についても「いい役でチャンスがあったら、ぜひやりたい」と意欲を見せた。


 日本では新曲「会いたい」がヒット中で、6月中旬にミニアルバムを発売予定。同盤を携え、6月30日に名古屋・愛知芸術文化ホール、7月2日に大阪グランキューブ、同7、8日に千葉・幕張メッセで来日ツアーを行う。今回は韓国から初めて生バンドを帯同させ、「韓国とまったく同じサウンドを日本でも実現させます」と約束した。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/tv/120070501009.html


タグ:TV
posted by きすけ at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。