2007年04月28日

植木等さん爆笑お別れ会

 3月に亡くなった俳優植木等さん(享年80)のお別れ会「植木等さん 夢をありがとう さよならの会」が27日、東京・青山葬儀場で営まれ、親交のあった芸能人やファンが最後の別れを惜しんだ。葬儀委員長で親友の谷啓は「さみしくて言葉が見つかりません」とあいさつした。

 それでも、最後は植木さんにふさわしく、粋で笑いにくるまれたお別れ会だった。ジャズ仲間の稲垣二郎渡辺貞夫がサックスで演奏。森喜朗元総理大臣ら8人の著名人がお別れの言葉を述べた。1年前にクレイジーキャッツとセッションアルバムを発売した松任谷由実は、詩のような弔辞で弔問客の心を打った。内田裕也は、ミッキーカーチスユーミンを従えて即興の「ロック版スーダラ節」を披露。加藤茶は「ドリフターズはクレージーをパクりました。バチが当たったのか、最近私もそちらに呼ばれかけました」と、約2000人弔問客の爆笑を誘った。

 昭和の大喜劇スターに、しんみりムードはいらなかった。ジャズの名曲「星に願いを」を歌う植木さんのVTRが流れると、いよいよ本当のお別れ。最後に植木さんの威勢いい声が、葬儀場に響き渡った。「はい、ごくろうさん!」。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/tv/p-et-tp0-070428-0007.html


タグ:TV
posted by きすけ at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

植木等さん、良かったなぁ
Excerpt: 「夢をありがとう無責任男」ロック版スーダラ節で合唱http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000078-sph-ent今朝のテレビで見ましたが、いいお..
Weblog: 総合情報局
Tracked: 2007-04-28 12:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。