2007年04月24日

大塚ちひろが歌手デビュー!長澤まさみと“東宝シンデレラ”同期

2007年4月24日(火)04:16

 女優、長澤まさみ(19)がグランプリに輝いた「第5回東宝シンデレラ」の審査員特別賞を受賞した女優の大塚ちひろ(21)が歌手デビューすることが23日、分かった。7月18日発売の「恋花火」(ビクターエンタテインメント)で、作詞にも挑戦。カップリング曲に、“同期”の活躍に焦り悩んだ日々を綴った大塚は、サンケイスポーツのインタビューに「今は自分の場所がある。歌うことが大好きで楽しい」と晴れやかな笑顔を見せた。

 「東宝シンデレラ」から7年。自分の居場所を見つけた大塚が、大きく羽ばたく時を迎えた。


 小さい頃から歌うことが大好き。15年にミュージカル「シンデレラストーリー」に出演し「人前で歌うことって楽しい。歌で何かを伝えたい」と思いを募らせていた。


 今回、ミュージカルの活躍に注目したビクターが「かつ舌がよく、高音低音ともよく通る」とアプローチする中、大塚が書きためてきた詩や文章のノートを入手。みずみずしい感性と等身大の女性像を描く力にほれ、デビューが決まった。「恋花火」は、大好きな男の子に思いを伝えようとする女の子の心情を、透き通る声でさわやかに歌い上げている。


 「歌はすごくやりたかったこと。うれしいです」。サンケイスポーツの取材に満面の笑みで喜びをみせた大塚だが、苦しい時期もあった。「東宝−」の同期、長澤と4年間、同じ下宿で生活した。1台しかないファクスに、取材や仕事がびっしりと書き込まれた長澤のスケジュール表が届く。一方の大塚は、オーディションに落選続き。「まさみちゃんは、わたしが15歳で上京してから一番身近な存在で、ライバルで、友達でした。仲は良かったんですけど、同じ仕事をしていると悔しいと思うことがあったり、焦ったり…」と振り返った。


 カップリング曲「ミルクティー」には、そんな長澤への心情がのぞく。♪自信なくしてやつ当たり(中略)ガラスの靴はいてないけど 裸足だって走って行ける きっと これがアタシ…。「東宝−」グランプリにはガラスの靴が贈られる。詞の中の『ガラスの靴』はこの靴を指し、「自分は『はだし』だけど頑張ろう」との大塚の決意が込められている。


 長澤へのモヤモヤした気持ちはもうない。「自分にしかできないことを頑張ろうと思うし、まさみちゃんだけがライバルじゃない。今は、一人でも多くの人にわたしの歌を通して何かを感じて欲しいと思っています」。“自分らしさ”を手に入れた大塚は、無敵だ。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/showbiz/120070424003.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。