2007年04月17日

捏造問題機に放送への「意見」急増、1年間で1万件突破

2007年4月17日(火)21:01

 関西テレビが制作した「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題を機に、放送への批判や苦情を受け付ける第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)への意見が急増し、2006年度1年間で計1万1032件と、03年の発足以来初めて1万件を突破したことが17日、わかった。

 捏造問題を教訓に、関西の民放10局が大阪市で開いた放送倫理セミナーで、清水英夫・BPO前理事長が明らかにした。

 電話やメールで寄せられた06年度の意見は前年度より14・1%、1361件増加。昨年12月は1か月で664件だったが、問題発覚後の今年1〜3月は、各月とも12月に比べ倍増した。


http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/tv/20070417ih22-yol.html


タグ:TV
posted by きすけ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。