2007年04月16日

TVnaviドラマ大賞にフジ系「のだめカンタービレ」

2007年4月16日(月)03:14

 産経新聞社発行のテレビ情報誌「月刊TVnavi」(発売・扶桑社)の読者が選ぶ「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006」の大賞(最優秀作品賞)に、昨年秋、フジテレビ系列で放送された「のだめカンタービレ」が決定した。昨年1年間のテレビドラマが対象で、最優秀主演男優賞には「僕の歩く道」(フジ系)の草なぎ剛、最優秀主演女優賞には「アンフェア」(同)の篠原涼子が輝いた。

 「のだめカンタービレ」は同名の大ヒット漫画(二ノ宮知子著)が原作。音大生にもかかわらず楽譜を読むのが苦手な主人公・野田恵(のだめ)が、完ぺき主義者の指揮者・千秋真一ら仲間と織り成す爆笑青春群像ドラマで、のだめは上野樹里、千秋は玉木宏が好演し、クラシックブーム再燃のきっかけともなった。


 また、最優秀助演男優賞には「純情きらり」(NHK)の福士誠治、最優秀助演女優賞には「タイヨウのうた」(TBS系)の沢尻エリカ、最優秀新人賞には「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(日本テレビ系)の田中聖と、「ブスの瞳に恋してる」(フジ系)の村上知子が輝いた。


 ドラマ・オブ・ザ・イヤーはこれが3回目で、第1回(2004)大賞は「砂の器」(TBS系)、第2回(2005)は「野ブタ。をプロデュース」(日テレ系)が選ばれている。


http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/tv/120070416007.html


タグ:TV
posted by きすけ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。