2007年04月13日

仏門入り保阪 高岡のデート報道語る

2007年4月13日(金)06:13

 俳優の保阪尚希(39)が12日、熊本県合志市にある真言宗の寺「六水院」で得度(出家して僧侶になる儀式)を受け、仏門に入った「尚陽(しょうよう)」という法名をもらい「素晴らしい式でした。責任感というか、気持ちが固まりました」と神妙な面持ちで語った。

 仏門入りを決意したのは、7歳の時に経験した両親の自殺。「両親が生きた年齢(26、27歳)を超えた時に、子供として親に何ができるのかを考え、世の中のためになりたいと思った」と説明。午後1時に始まった得度式では剃(てい)髪はせず、髪を数センチ切っただけで参加。今後は熊本で修行を積みながら「悩みを持つ子供たちの役に立ちたい」とし、芸能活動も続けていくという。

 元夫人で女優の高岡早紀(34)と歌舞伎俳優の市川海老蔵(29)の夜桜デート報道については「本人が楽しければいい」と話した。


タグ:TV
posted by きすけ at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。