2007年04月07日

椋鳩十児童文学賞に藤江さん

2007年4月7日(土)10:09

 鹿児島市は6日、第17回椋鳩十児童文学賞(同市、同市教委主催)の受賞作が、東京都在住で出版社勤務、藤江じゅん(本名・藤江純子)さん(42)の「冬の龍」に決まったと発表した。授賞式は5月9日、同市の城山観光ホテルである。

 同賞は前年1年間に国内で発表された児童文学作品のうち、新人の初刊行本が対象。全国から40点の応募があり、作家のたかしよいち氏ら選考委員4人が審査した。

 受賞作は、東京・早稲田の下宿に1人で住む少年が、龍の力の源という「雷の玉」を探す物語。たかし氏は「伝承や古老の話など、その土地ならではのエピソードを丹念に集める展開は、新しいスタイルだ」と評価した。


http://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/entertainment/movie/20070407_news_012-nnp.html


タグ:映画
posted by きすけ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。