2007年04月07日

NHK工藤アナ感心「松坂は冷静だった」

2007年4月7日(土)09:21

 レッドソックス松坂大輔投手の初白星を現地から実況中継したNHK工藤三郎アナウンサー(53)は「松坂には『メジャー挑戦者』という言葉は当てはまらない」とたたえた。76年入局の工藤アナは98年長野五輪ジャンプ・ラージヒル団体戦の原田雅彦のジャンプに「立て、立て、立ってくれ〜!」と願いを込めて絶叫するなど、スポーツの名場面を実況してきた。日本を代表する投手の初登板に、緊張を感じながら実況席から観察した。「伝える側を含め、熱くなる周りとは対照的に、松坂はとても冷静で驚きました。普段と違う松坂を探そうとしましたが、いたって普段のまま。これは普段の松坂がすごいということ」と感心していた。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/tv/p-et-tp0-070407-0008.html


タグ:TV
posted by きすけ at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。