2007年04月06日

読売テレビ子会社社員が麻薬所持で逮捕

2007年4月6日(金)10:00

 大阪・読売テレビ(日本テレビ系)の子会社サウンドエフェクトの社員の男(30=東京都渋谷区)が合成麻薬MDMAを所持していたとして、警視庁渋谷署に麻薬取締法違反の現行犯で逮捕されていたことが5日、分かった。調べによると、男は3月30日午後7時ごろ、MDMA1錠を渋谷署内で所持していた疑い。男はMDMAを持って同署に自首し「イライラしていて発作的に警察に飛び込んだ。仕事を辞めたかった」と供述しているという。

 サウンドエフェクトはテレビ番組の映像に音楽や効果音を加える音響効果の専門会社で、男性は東京支社に勤務。当日は腹痛を訴え退社していた。読売テレビは「関連会社も含めコンプライアンスの徹底、モラルの向上に取り組んでいる矢先のことでもあり、まことに遺憾」としている。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/tv/p-et-tp0-070406-0009.html


タグ:TV
posted by きすけ at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: サウンドエフェクト株式会社サウンドエフェクトは、テレビの音響効果・音楽制作・MAの制作プロダクションである。この会社は、1979年(昭和54年)6月19日に設立された。株主は、讀賣テレビ放送株式会社他..
Weblog: 大阪企業
Tracked: 2007-09-29 17:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。