2007年04月03日

英国紳士のベストドレッサーは新ジェームズ・ボンド

2007年4月3日(火)11:24

【ロンドン2日】5日発売の男性ファッション誌「GQ」5月号に掲載される英国男性のベストドレッサー・ランキングで、スパイ映画007シリーズ新ジェームズ・ボンド役に抜擢されたダニエル・クレイグ第1位となった。

同誌はベストドレッサーワーストドレッサー10位までを発表ベストドレッサーでは、クレイグに次ぐ2位に、野党保守党のデービッド・キャメロン党首がランクされ、3位は俳優のクライブ・オーウェン

同誌はクレイグが「007/カジノ・ロワイヤル」で見せたしゃれたスーツ姿を、「(初代の)ショーン・コネリー以来の最高の着こなし」と絶賛している。

キャメロン党首に関しては、報道の世界でも外見が言葉と同じくらい大切だということを理解している政治家とたたえている。しかし同誌は、著名人はその服装のセンスでファッション界を多極化しているとして、同党首をワーストドレッサーの6位にもランクした。スーパーモデルのケイト・モスとの関係で有名な歌手のピート・ドハーティも、ベストドレッサーの7位とワーストドレッサーの5位に同時にランクされた。

ちなみに、首相候補といわれるゴードン・ブラウン財務相はワーストドレッサーの2位となっている。同1位はコメディアンのラッセル・ブランド。〔AFP=時事〕


http://news.goo.ne.jp/article/jiji/entertainment/movie/070402223756.qlfnkhg3.html


タグ:映画
posted by きすけ at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。