2007年03月29日

松本氏VS槙原、盗作裁判口頭弁論開始

2007年3月29日(木)09:25

 シンガー・ソングライター槙原敬之(37)が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で使用された」と槙原を非難した漫画家松本零士氏(69)に対し、盗作の証拠提出を求めた裁判の第1回口頭弁論が28日、東京地裁で行われた。裁判官が松本氏の代理人に「話し合いをすることは?」と和解の可能性を問うと、代理人は「ありません」とキッパリ。閉廷後も同代理人は「裁判で申し上げた通り。徹底的に争う」と話し、今後、著作権侵害が行われた証拠を提出していく方針を示した。

 槙原の代理人は、松本氏がメディアで槙原を非難した発言の内容を証拠として提出した。槙原側は、松本氏に盗作の証拠提出を求めると同時に、仕事上のダメージを受けたとして、2200万円の損害賠償も求めている。次回の口頭弁論は5月14日


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/movie/p-et-tp0-070329-0008.html


タグ:映画
posted by きすけ at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。