2007年03月27日

加護ちゃん 2度目喫煙で解雇、引退へ

2007年3月27日(火)06:13

 「モーニング娘。」の元メンバーで、昨年2月に喫煙が発覚し芸能活動を謹慎していた加護亜依(19)に対して、所属事務所アップフロントエージェンシーは26日、契約を解除したと発表した。謹慎中に喫煙し、18歳年上の男性と1泊旅行をしていたため。復帰が期待されていた中での同じ過ちに関係者や両親のショックは大きく、引退する可能性もある。

 喫煙による謹慎処分から1年1カ月。同じ過ちで、謹慎中も応援し続けたファンと「ハロー!プロジェクト」の仲間たちを裏切った。

 事務所側はこの日夜、マスコミ各社に書面で経緯を報告。昨年2月の喫煙時は「将来のある17歳という年齢を考慮し、実家での謹慎処分にした」と説明。その上で「1年間の反省過程をみて話し合いの場を設け、再起に向けて一から準備を始めるため今年の1月23日に上京させ、東京の事務所で社会勉強と事務の手伝いをさせていた」という。

 だが、謹慎中に犯した今回の喫煙に関しては「2度目ということもあり復帰は断念することにした」。ひそかに18歳年上の男性と1泊旅行した事実を含め「解雇」という最も厳しい処分をせざるを得なかったことを説明。本人に事情を聴いた後、未成年であるため両親と相談した上で、専属契約を解除した。

 加護は昨年2月に写真誌「FRIDAY」に深夜のレストランで喫煙する姿を撮られ、所属事務所から謹慎処分を受けていた。この間、事務所で電話番などの雑用をしていた。関係者によると、今回一緒に旅行した男性は東京・渋谷の有名カフェ店を経営し、タレントとの親交が深い。加護は喫煙だけでなく、男性との関係についても認めたという。

 来年2月7日で成人するまで1年を切った中で繰り返した喫煙と、男性問題。本人は芸能界復帰を望んでいたが、その代償はあまりに大きい。


http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/showbiz/kfuln20070327006001.html


タグ:芸能
posted by きすけ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。