2007年03月24日

向井の出生届、不受理が確定

2007年3月24日(土)09:52

 タレント向井亜紀(42)元プロレスラー高田延彦氏(44)夫妻が代理出産でもうけた双子の男児(3)の出生届受理を東京都品川区に求めた裁判で、最高裁判所は23日、受理を命じた東京高裁決定を破棄、法的な実の親子関係は認められないとの決定をした。夫妻の敗訴が確定した。出生届は受理されない

 古田佑紀裁判長は決定理由で「代理出産で生まれた子の母は、現行の民法では出産した女性と解釈せざるを得ず、卵子を提供した場合でも母とは認められない」との初判断を示した。その上で「民法の想定しない事態が生じている以上、医学的観点や子の福祉などについて検討が必要であり、立法による速やかな対応が強く望まれる」と国会に法整備を促した。

 昨年9月の東京高裁決定は代理出産の経緯などから「血縁関係は明らか」と判断したが、古田裁判長は「実の親子関係は明確な基準で一律に判断するべきだ」。出産当時に夫妻を親子と認めた米国の裁判の確定内容も効力がないとした。

 向井はこの日午後、都内の自宅で決定を聞いた。仕事のため大阪に向かう機中で自分のブログを更新。「決定理由を読んできたのですが、もう少しガチッと勉強してから、正式なコメントをしたいと思います。(中略)最高裁では保守的な決定が下されるだろうと、実は予想していました」と記した。戸籍が宙に浮いた2人のために、養子縁組を含めて今後を検討することになる。


http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/tv/p-et-tp0-070324-0004.html


タグ:TV
posted by きすけ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。